2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【植物】共生制御のタンパク質特定 植物と土壌菌、育成応用も=農業生物資源研究所

1 : ◆KzI.AmWAVE @Hφ=Eφ ★:04/12/23 22:52:34 ID:???
 
 植物と根にくっつく土壌中の細菌との共生を制御しているタンパク質を、林誠大阪大助手
(植物分子遺伝学)らが突き止め、英科学誌ネイチャー(電子版)に23日、発表した。

 陸上植物の多くは、土から養分を取り入れるのに細菌が関与しており、共生を利用し、
低肥料で育つ植物の育成などにつながるという。

 菌根菌や根粒菌などの土壌中の細菌は、植物の根に菌糸を張るなどして植物から糖分などを摂取。
一方で土壌中のリン酸などの養分を植物に供給し、植物と共生関係がある。

 林助手らは、成長が悪いマメ科植物を正常なものと比べ、2つの遺伝子に変異があるのを
見つけた。遺伝子変異がある植物をつくると、細菌と共生できなくなった。これらの遺伝子が
作るタンパク質は、プラスチドという細胞内の器官に集まることが判明した。

引用元:河北新報
http://www.kahoku.co.jp/news/2004/12/2004122301000033.htm

農業生物資源研究所:プレスリリース
http://www.nias.affrc.go.jp/pressrelease/2004/20041221.html

Plastid proteins crucial for symbiotic fungal and bacterial entry into plant roots
Nature AOP, published online 22 December 2004; doi:10.1038/nature03237
http://www.nature.com/cgi-taf/DynaPage.taf?file=/nature/journal/vaop/ncurrent/abs/nature03237_fs.html


2 :名無しのひみつ:04/12/24 00:43:06 ID:83IVgwed
もり上がらない2get

しかし、これは何気に面白そうな…

3 :名無しのひみつ:04/12/25 01:01:32 ID:Wnw2U1Jj
プラスチドって面白いんだね。これを介して根粒菌とやり取りしてるとか。
プラスチドDNA交換とか、やってるのかな。
そういえば、植物が自分で窒素固定してるんじゃないかという話もあったよね。


高等植物細胞の分化に伴う葉緑体形成のメカニズム

プラスチドは植物細胞を最も特徴づけるオルガネラです。光合成や、炭素・窒素・硫黄
同化など、多くの代謝経路がプラスチドに存在し、植物の独立栄養を支えています。
また、プラスチドは、ミトコンドリアと同様、独自のゲノムと蛋白質合成系を持ち、
半自立的に分裂・増殖しながら、緑葉のクロロプラスト(葉緑体)、花弁のクロモプラスト、
根のアミロプラスト・ロイコプラストなど、環境条件や組織によって、別の形態を持つ
プラスチドにダイナミックに分化します。これらのプラスチドの機能は互いに大きく異なり、
その分化は分子レベルで複雑な制御を受けていると考えられますが、その実体はよくわかっていません。

http://plant.biology.kyushu-u.ac.jp/Kenkyu3.html

4 : ◆KzI.AmWAVE :04/12/25 01:48:50 ID:fyA0Pjlc
科学技術振興機構 プレス発表
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20041223/index.html

5 :名無しのひみつ:04/12/25 02:38:41 ID:C/W1zSBL
プラスミドみたいな名前だ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)